漢方薬は相模原の白井薬局へ→変形性膝関節症(膝の痛み)、不妊症治療(子宝)、頭痛

心に響く言葉→漢方治療は相模原の白井薬局へ

心に

心に響いた言葉や好きな言葉、その他いろいろなことを書きますね。

二宮尊徳さんの言葉

遠きを謀る者は富み、近きを謀る者は貧す
それ遠きを謀る者は、百年の為に松杉の苗を植う
まして春植えて、秋実る物においてをや、故に富有るなり
近きを謀る者は、春植えて秋実る物をも、なお遠しとして植えず
ただ眼前の利に迷うて、蒔かずして取り、
植えずして刈り取る事のみに眼をつく、故に貧窮す。
________________________________________

大事を成さんと欲する者は、
まず小事を務むべし。

大事を成さんと欲して小事を怠り、
その成り難きを憂いて、
成り易きを務めざる者は、小人の常なり。
それ小を積めば大となる。
________________________________________

すべての商売は、
売りて喜び、買いて喜ぶようにすべし。

売りて喜び買いて喜ばざるは道にあらず。
貸借の道も、また貸して喜び、
借りて喜ばざるは道にあらず。
________________________________________

人道は一日怠れば、
たちまちすたれる。
 

言葉

●悩みはすべての人が持っている、そして悩みは尽きない。

●悩みは神様の出した人生の宿題。決して解けない問題は出さない。

●人間は、悩む時に一番成長する。

●他人と過去は変えられないが、
  自分と未来は変える事ができる
 そして、自分が変わると回りが変わり始める

●自分が変わるという事は、
 今までの考え方をよりプラスで考えられるか、と言う事でもある。
 考え方を変えると今まで見えなかった物も見えるようになる。

●常に自分が正しいとは限らない。
  本当に自分が正しかったかといつも謙虚な気持ちで
 自分に問いかける事が大事

●行動すれば必ず結果がでる
 結果がでたら又それに対して行動すればいい。
 思い込みの世界で考えてばかりいると今一歩が踏み出せない。

●自分は悪くない!相手が悪い!と思っている時は
 自分を変える事をしていないことにもつながる。
 何故なら、自分を変えなくてすむ事は簡単なことだから。

●世の中、必ずしも自分の思い通りになるとは限らない。
  逆に、思い通りにならない事の方が多いぐらいである。
 だからといってイライラする事はない。
  何故なら自分の考え方を変えればいいからだ。

●何が本当に大切なのかを考える事で、自分の生き方が変わる

夢がかなう『ピグマリオンの玉子』

http://www.yamamotoyoshiki.com/?pid=5539315
大好きな詩人の山本よしきさんワールドを楽しんでください。

ゲシュタルトの祈り GESTALT GEBET

Ich lebe mein Leben und du lebst dein Leben.
私は私のために生きる。
あなたはあなたのために生きる。

Ich bin nicht auf dieser Welt, um deinen Erwartungen zu entsprechen -
私は何もあなたの期待に応えるために、
この世に生きているわけじゃない。

und du bist nicht auf dieser Welt, um meinen Erwartungen zu entsprechen.
そして、
あなたも私の期待に応えるために、
この世にいるわけじゃない。

ICH BIN ich und DU BIST du -
私は私。 あなたはあなた。

und wenn wir uns zufallig treffen und finden, dann ist das schön,
でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。

wenn nicht, dann ist auch das gut so.
たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。

青  春   サミエル・ウルマン(邦訳:岡田 義夫)

青春とは人生のある期間を言うのではなく、
心の様相(ようそう)を言うのだ。

優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、
怯懦(きょうだ)を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心、

こう言う様相を青春と言うのだ。

年を重ねただけで人は老いない。
理想を失うときに初めて老いが来る。

歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。

苦悶や狐疑(こぎ)や、不安、恐怖、失望、
こう言うものこそ恰(あたか)も長年月の如く人を老いさせ、
精気ある魂をも芥(あくた)に帰せしめてしまう。

年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。

曰く、驚異への愛慕心、空にきらめく星辰、
その輝きにも似たる事物や思想に対する欽仰、事に処する剛毅な挑戦、
小児の如く求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味。

人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる、

人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる、

希望ある限り若く  失望と共に老い朽ちる。

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、
そして偉力の霊感を受ける限り、人の若さは失われない。

これらの霊感が絶え、悲嘆の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、
皮肉の厚氷(あつごおり)がこれを堅くとざすに至れば、
この時にこそ人は全く老いて、神の憐れみを乞うる他はなくなる。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional