漢方薬は相模原の白井薬局へ→変形性膝関節症(膝の痛み)、不妊症治療(子宝)、頭痛

よく効く漢方薬を追い求めて→漢方治療は相模原の白井薬局へ

よく効く漢方薬を追い求めて

漢方薬や東洋医学は個人で勉強するのは難しく、
ほとんどはメーカーさんが主催する勉強会に出席して勉強するのが一般的です。
でもこのような勉強会では、
誰でも簡単に漢方を使えるようにするのが目的ですから初歩的なことがほとんどで、
漢方の勉強というよりメーカーさんの商品を売る為の勉強会になり、
手軽に勉強できるのですが特定のメーカーさんの商品を販売することになります。
そのメーカーさんの漢方を売らないと勉強会に出られなくなるからです。
そして、そのメーカーさんが作っていない処方の話などは当然出ませんので、
漢方のごく一部しか勉強できません。

そうなると漢方薬の中から処方を選ぶのではなく、
メーカーさんの作った商品の中から選ぶことになりますので、
選ぶ漢方の種類が少なくなりピッタリ合う漢方が選べなくなってしまいます。

僕には、漢方の師匠がいます。
師匠による強会はメーカーさんの商品を売るためのものではなく、
本来の漢方の勉強でした。
厳しく基礎から叩き込んでいただいたおかげで、最高の勉強ができたと思っています。
そんな漢方の師匠が、こんな話をされていました。
「漢方の原料は手に入る最高の物を使いなさい。
 体質や症状にピッタリの漢方を選んでも、原料が悪ければ効かないよ」
 と言いながら、良い漢方生薬の見分け方も教えていただきました。
そのおかげで、
扱う商品も質の良い、効果の良いものだけを選んで仕入れられるので
今でもすごく感謝しています。

大きい有名メーカーの漢方は良く効くのでしょうか?
当然、良いと思いがちですよね。
でも、漢方に限っていえば大きいメーカーが良いとは、いえないのです。
それは、漢方の原料が自然のものだからです。
自然にできるものですから、
超一級品、一級品から二級品、三級品、四級品、・・・と
本当にピンからキリまであります。
価格は10倍以上違うことも珍しくありません。
大きいメーカーは、たくさん使いますから、
少ししかとれない一流品を使うことはできません。
原料費も当然、高くなります。それだけ考えても、原料の良いものは使えないはずです。

今の漢方は簡単に飲めるように煎じたエキスを顆粒にしたものがほとんどです。
葛根湯など、○○湯とつくものの中でも、
揮発成分を含む漢方は煎じてエキスにするときにその成分が飛んで、
効果がかなり落ちてしまいます。
あるメーカーは、それを防ぐために、
煎じたエキスを顆粒にするときにわざわざ揮発しやすい成分の粉を
一緒に混ぜて顆粒にすることにより効果の良い製品を作っています。

当帰芍薬散のように、
○○散とつくものは煎じたエキスを使うより粉にして混ぜたものの方が良く効きます。
この○○散を作るのが得意のメーカーさんもあります。
そのようにメーカーによって、得意・不得意の分野があります。
すべての面において最高というメーカーは残念ながらありません。
ですからその辺を見極めて、白井薬局では良く効く商品を基準に仕入れています。

良いものを仕入れるためには、良いものを見分ける目利きができないといけません。
その目を肥やすためにも、中国の色々な場所の市場へ毎年行って勉強してきます。
特に広州の市場にあった漢方には、
すばらしい生薬がたくさんあり感動させられました。

桂皮

例えば、
桂皮ですが、今まで一級品だと思っていたものは三級品くらいに見えました。
日本で普通に売られているものは、
それに比べたら、もう、六級品いや、それ以下になってしまうかもしれません。

最近、中国の食べ物や歯みがきなどが話題になったので
漢方薬もどうなのか心配される方も多いと思います。
白井薬局で仕入れている漢方の問屋さんでは、
輸入している生薬について、重金属・ヒ素・農薬ほかの検査をすることにより
安全を確認してから製品化していますので安心してお飲みください。
医薬品の場合は、
日本の基準に合わせて製造・検査・品質管理されていますので安心です。

ただ健康食品の場合は、製造しているメーカーによって
安全管理の基準が違いますので信頼できるメーカーを選ぶことが大前提になります。
そのため白井薬局では
長い間実績のあるメーカーのもの以外はほとんど仕入れていません。
マスコミなどで流行っている商品も、
飲む方の体質に合っているとは限りませんから
合わないものなら長期間飲んでいるうちに体の調子がおかしくなる、
そんな可能性もあります。

一番気をつけないといけないのが、個人輸入や不正輸入された製品です。
海外旅行へ行ったときに、現地で買ったものについても、気をつけないといけませんね。
以前、中国製の痩せ薬といわれた健康食品で死亡事故があったのも、
この個人輸入や不正輸入された製品でしたから。
箱に日本語の説明が印刷されていない商品は要注意です!
 仕入れに関しては、価格や流行、しがらみなどで選ぶのではなく、
あくまでも効き目と安全性を基準に選び、そしてお客様に合うものだけをおすすめする。
このことついては、これからもずっと、頑固にこだわっていきたいと思います。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional