漢方薬は相模原の白井薬局へ→変形性膝関節症(膝の痛み)、不妊症治療(子宝)、頭痛

めまい・メニエルは漢方薬で治そう→漢方治療は相模原の白井薬局へ

めまい・メニエルは漢方薬で治そう

『めまい』は現代医学では治りにくい病気の1つでもありますが、
漢方では『めまい』は得意の分野です。

白井薬局にいらっしゃるめまいの相談の方は、
病院に行って治らなかった方がほとんどですが、
漢方薬で良くなっていますよ。

めまいは平衡感覚をコントロールする
三半規管の異常が原因となることが多いですが、
血圧が高くなった時や脳の血流が悪く、
脳梗塞などで起こる脳貧血が原因の場合もあります。

また、
自律神経のバランスを崩したり、
精神的ストレスや睡眠不足などが症状を引き起こしたり、
今ある症状が悪化する事もあります。

ただ、
病院(西洋医学)で検査をしても原因がわからず、
治療困難で悩む方が多いです。

東洋医学的には、
めまいを水毒(体に溜まった余分な水分)によって
もたらされる症状の1つと考え、
水毒を治療する漢方を中心に用います。

『めまい』と一言でいいますが、
実は大きく分けていくつか種類があります。
めまいの種類は以下の通りです。

めまいの種類 めまいの症状 
 回転性のめまい  天井や自分自身、そして周囲が、グルグルまわる感じのめまい 
 動揺性めまい  座っている時、地震のようにフラッとする感じ。
 雲の上をフワフワ歩いている感じのめまい 
 立ちくらみ  急に立ち上がった瞬間や頭を上げた時などに
 クラッとして、一瞬目の前が暗くなるめまい 

*寝返りをした時にめまいがしたり、長く立ってる時に目の前が暗くなる感じの
 めまいが起きたりすることもあります。

また、
吐き気や頭痛を伴うめまいの方もいらっしゃいます。
さらに、
1種類ではなく2種類のめまい(複合型)の方もいます。

上記のように『めまい』と一言で言っても、
色々なパターンがありますので、
1人1人に合った漢方薬を選ぶ事が必要になってきます。

白井薬局では、糸練功で細かい所までチェックをして、
その方に合った漢方薬をご提案しています。

症状を少しでも早く良くする為には、日頃の『養生』が大切になってきます。

『めまい』の養生は、水分や果物を摂り過ぎない事。体を冷やさない事。

また、
疲れやストレスが引き金になる事もあるので、
規則正しい生活とストレスを減らす事も大事になってきます。

白井薬局は『めまい』も得意分野なので、
あきらめずに是非、お気軽にご相談下さいね♪

それではお客さまの症例を紹介します。

生活に影響が出ていた30代の女性の方

めまいの症状は以前からたまにあり、
2~3年前からだんだんと症状が酷くなっていました。

椅子から立ち上がる時や物を拾う時などに、
『クラッ』とする事が多くなり、
洗濯機がくるくる回っているのを見るだけで、
目が回ってくるとのことでした。

買い物に行くにも、
自転車が乗れなくなり外に出るのが不安。

さらに、
家事が思うように出来ず、
大変困っているとの事でご相談に来られました。

果物は体に良いと思いたくさん食べていて、
お茶もよく飲むと言う事でした。
(喉の渇きはありません)

果物やお茶などの水分は摂り過ぎないようにすること、

また、
疲れが溜まったりすると症状が出やすくなるので、
規則正しい生活と睡眠を充分取るようにお伝えしました。

糸練功でチェックをして漢方薬を1種類飲んで頂きました。

3ヶ月後、
『クラッ』という症状が減って少し不安が少なくなってきた。

6ヶ月後、
全体的に症状が楽になり不安がさらに少なくなった。
少しづつ自転車にも乗れるようになってきた。

1年後、
元の生活に戻れるようになり症状は出ていないが、
完治させる為に漢方薬をさらに、
3ヶ月続ける事を提案しましたが、
漢方薬を飲むと安心するというご本人の希望で、
1年間飲んで卒業する事になりました。
費用:漢方薬1ヶ月12,600円

めまいで会社へ行けなくなった60代の男性

会社で
急にめまいと吐き気、軽い頭痛がしたので、
病院に行き、
薬をもらって飲んだが症状が取れないとの事。

実は今回、初めてではなく、
20年前位にも同じ様な症状があったそうです。

その時より症状が酷く、
とにかく治したいとの事でご相談に来られました。

週末になると必ずといっていいほど症状が出て、
酷い時は週の中ごろから症状が出るとの事でした。

また、
仕事が忙しく、結構ストレスもたまっているとの事でした。

養生として、
冷たい物や体を冷やす物を摂ると悪化する事と

カフェインの入った物は
脳血管を一次的に収縮させるので控えるようにお話して、
毎日飲んでいたビールも控えるようにお伝えしました。

もちろん、
疲れとストレスもためないように心掛けて頂きました。

糸練功でチェックをして漢方薬を1種類、
補助で自然食品を1種類飲んで頂きました。

1ヶ月後、
特に症状の変化はなし。

3ヵ月後、
症状が出ても軽くなってきたので、
毎日会社に行かれるようになった。

10ヵ月後、
症状はほとんどないが、
疲れとストレスが溜まると軽い症状が出る。

1年半後、
今まであった症状がほとんど出なくなり、
体も楽になった。

2年後、
症状も出ず、
仕事も前のようにバリバリできる様になり漢方薬を卒業しました。

漢方薬を飲んでいる間、
控えて頂きたいはずのビールを毎日飲んでいたので、
症状が改善までに時間がかかったようです。
費用:漢方薬1ヶ月12,600円 自然食品1ヶ月12,600円
 
 
             ご相談は

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional